産業疲労測定法(読み)さんぎょうひろうそくていほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特定の企業内で類似した作業に従事している者たちの間に共通に現れる生理的心理的な疲労を測定する方法。 (1) 目がしょぼつく,腰が痛い,だるいなどの自覚的症状を質問紙形式で被検者にチェックさせる方法,(2) 呼吸,脈搏,血圧,筋力などの生理的機能の測定,(3) 皮膚電気反応 galvanic skin reflex (GSR) による測定,(4) 光の点滅を識別させて視覚の鈍化の程度を知り,そこから疲労の度合いを測定するフリッカー・テストなどの方法がよく用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android