痛い(読み)イタイ

デジタル大辞泉「痛い」の解説

いた・い【痛い/甚い】

[形][文]いた・し[ク]
肉体に痛みや苦しみを感じるさま。「歯が―・い」「つねられて―・い」
心に苦痛を感じるさま。精神的につらい。「欠損続きで頭が―・い」
弱点を攻撃されたり打撃や損害をこうむったりして、閉口するさま。「―・いところに触れられる」「―・い目にあう」「この時期に出費は―・い」
俗に、さも得意そうな言動がひどく場違いで、見るに堪えないさま。また、状況や立場・年齢にふさわしくない言動が周囲をあきれさせるさま。
(甚い)程度のはなはだしいさま。多く、連用形を用いる。→甚(いた)く
(甚い)はなはだしくりっぱなさま。すばらしい。
「新発意(しぼち)の娘かしづきたる家いと―・しかし」〈・若紫〉
動詞の連用形に付いて、その動詞の表す状態がはなはだしい意味を示す形容詞をつくる。「あまえいたし」「うもれいたし」など。
[派生]いたがる[動ラ五]いたげ[形動]いたさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android