コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痛い/甚い イタイ

デジタル大辞泉の解説

いた・い【痛い/甚い】

[形][文]いた・し[ク]
肉体に痛みや苦しみを感じるさま。「歯が―・い」「つねられて―・い」
心に苦痛を感じるさま。精神的につらい。「欠損続きで頭が―・い」
弱点を攻撃されたり打撃や損害をこうむったりして、閉口するさま。「―・いところに触れられる」「―・い目にあう」「この時期に出費は―・い」
俗に、さも得意そうな言動がひどく場違いで、見るに堪えないさま。また、状況や立場・年齢にふさわしくない言動が周囲をあきれさせるさま。
(甚い)程度のはなはだしいさま。多く、連用形を用いる。→甚(いた)く
(甚い)はなはだしくりっぱなさま。すばらしい。
「新発意(しぼち)の娘かしづきたる家いと―・しかし」〈・若紫〉
動詞の連用形に付いて、その動詞の表す状態がはなはだしい意味を示す形容詞をつくる。「あまえいたし」「うもれいたし」など。
[派生]いたがる[動ラ五]いたげ[形動]いたさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

痛い/甚いの関連キーワード痛くもない腹を探られるぐうの音も出ない光化学スモッグ痛い所を衝く痛い目に合う太鼓を持つ御入りあるせびらかす兎の逆立ちウミケムシ行灯水母通り越す刺し乗り可愛がるハオコゼ二重文節篦を使うアカエイテニス肘不定愁訴

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android