コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産養ひ ウブヤシナイ

デジタル大辞泉の解説

うぶ‐やしない〔‐やしなひ〕【産養ひ】

出産後3日・5日・7日・9日目の夜に、親類が産婦や赤子の衣服、飲食物などを贈って祝宴を開くこと。また、その贈り物。平安時代、貴族の家で盛んに行われた。現在の「お七夜の祝い」はこの名残。
「七日の夜、内裏(うち)よりも御―の事あり」〈・若菜上〉
養い育てること。
「王限りなく歓びて―等閑(なほざり)ならず」〈読・弓張月・続〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うぶやしない【産養ひ】

平安時代、貴族の家で子供が生まれると、三・五・七・九日目の夜に催す祝宴。親戚・知人が衣服・調度・食物などを贈った。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android