コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用心金 ヨウジンガネ

2件 の用語解説(用心金の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ようじん‐がね【用心金】

非常の際に備えて、準備してある金。
鉄砲の引き金が不用意に動いて発砲することのないよう、引き金のまわりを囲んである金具。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ようじんがね【用心金】

不意の出費のために用意しておく金銭。
鉄砲の引き金を囲むような形の鉄製の部品。暴発を防ぐためのもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

用心金の関連キーワード陸湯仮養子銀行準備金具足金警固兌換準備蓄蔵張本非常食不動穀

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone