コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)金 ウチキン

デジタル大辞泉の解説

うち‐きん【打(ち)金】

値段の異なる二つ品物を交換するとき、その差額分として支払う金銭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の打(ち)金の言及

【鏧】より

…磬とも書き,鏧(磬)子(けいす∥きんす),打金(うちがね),銅鉢(どうばち),あるいは俗にザルガネなどともいう。仏教で用いる鳴物(楽器)の一種で,銅または青銅製で大型の鉢の形をしたもの。…

※「打(ち)金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

打(ち)金の関連キーワード吉井郷土資料館火打石∥燧石チェリム火打石透彫り火口金鰐口値段

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android