甫与志岳(読み)ほよしだけ

世界大百科事典内の甫与志岳の言及

【肝属山地】より

…地質は大部分が古第三紀の日南層群に貫入した花コウ岩からなる。最高峰の甫与志(ほよし)岳(968m)のほか国見山,荒西(あらせ)山など標高800~900mの峰々が稜線をなしている。山地の方向にのびる谷が多く,地形は急峻で,満壮年期の形態を呈している。…

※「甫与志岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android