三岳(読み)みたけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三岳
みたけ

長野県南西部,木曽町南西部の旧村域。御嶽山の東斜面にある。 1889年村制施行。 2005年木曽福島町,日義村,開田村と合体して木曽町となった。地名の由来は,御嶽山,乗鞍岳駒ヶ岳の3山を一望にできること。王滝川の支流西野川の流域にあり,ほとんどが山林原野に覆われる。中心集落の黒沢は御嶽神社の里宮のある信仰集落で,御嶽山の登山口の一つ。温泉,スキー場などがあり,別荘地も開発された。国指定天然記念物のブッポウソウ繁殖地がある。一部は御岳県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

みたけ【三岳】

鹿児島の芋焼酎。酒名は、屋久島の宮之浦岳、永田岳、黒味岳の三山にちなみ命名。仕込み水は屋久島の伏流水白麹で仕込み、常圧蒸留で造る。原料はコガネセンガン、米麹。アルコール度数25%。蔵元の「三岳酒造」は昭和33年(1958)創業。所在地は熊毛郡屋久島町安房。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

三岳

鹿児島県、三岳酒造株式会社が製造する芋焼酎。

三岳

長野県木曽郡木曽町にある道の駅。主要地方道開田三岳福島線に沿う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三岳
みたけ

長野県南西部、木曽(きそ)郡にあった旧村名(三岳村(むら))。現在は木曽町の南西部を占める。旧三岳村は2005年(平成17)木曽福島(きそふくしま)町、日義(ひよし)村、開田(かいだ)村と合併し木曽町となる。御嶽(おんたけ)山東麓(ろく)にあり、地名は、御嶽のほか北に乗鞍(のりくら)岳、東に駒ヶ岳(こまがたけ)を望むことからつけられた。旧村域は王滝(おおたき)川とその支流西野川の深い渓谷にわたり、92%が山林原野。中心集落の黒沢下殿(くろさわしたとの)は御嶽山の信仰集落で、御嶽神社の里社があり、御嶽登山口の一つ。王滝川には中京地区の水甕(みずがめ)といわれる牧尾ダムと人造湖の御岳湖がある。西野川沿いには木曽温泉があり、ここからさらに西の寒原(さむはら)高原に鹿ノ瀬(かのせ)温泉がある。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三岳の言及

【八重岳】より

…鹿児島県屋久島の中央山岳地帯をいう。熊毛郡屋久町,上屋久町にまたがり,九州の最高峰宮之浦岳(1935m)をはじめ,永田岳(1886m),黒味岳(1831m),投石(なげし)岳(1830m),翁(おんな)岳(1826m)など高峰が集中しており,前3者を奥岳または三岳(みたけ)ともいうが,その他も含めて八重岳と称する。また〈洋上アルプス〉の異名もある。…

※「三岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三岳の関連情報