コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三岳 みたけ

5件 の用語解説(三岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三岳
みたけ

長野県南西部,木曽町南西部の旧村域。御嶽山の東斜面にある。 1889年村制施行。 2005年木曽福島町,日義村,開田村と合体して木曽町となった。地名の由来は,御嶽山乗鞍岳駒ヶ岳の3山を一望にできること。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

みたけ【三岳】

鹿児島の芋焼酎。酒名は、屋久島宮之浦岳永田岳黒味岳の三山にちなみ命名。仕込み水は屋久島の伏流水。白麹で仕込み常圧蒸留で造る。原料はコガネセンガン、米麹。アルコール度数25%。蔵元の「三岳酒造」は昭和33年(1958)創業。所在地は熊毛郡屋久島町安房。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

三岳

鹿児島県、三岳酒造株式会社が製造する芋焼酎。

三岳

長野県木曽郡木曽町にある道の駅。主要地方道開田三岳福島線に沿う。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三岳
みたけ

長野県南西部、木曽(きそ)郡にあった旧村名(三岳村(むら))。現在は木曽町の南西部を占める。旧三岳村は2005年(平成17)木曽福島(きそふくしま)町、日義(ひよし)村、開田(かいだ)村と合併し木曽町となる。御嶽(おんたけ)山東麓(ろく)にあり、地名は、御嶽のほか北に乗鞍(のりくら)岳、東に駒ヶ岳(こまがたけ)を望むことからつけられた。旧村域は王滝(おおたき)川とその支流西野川の深い渓谷にわたり、92%が山林原野。中心集落の黒沢下殿(くろさわしたとの)は御嶽山の信仰集落で、御嶽神社の里社があり、御嶽登山口の一つ。王滝川には中京地区の水甕(みずがめ)といわれる牧尾ダムと人造湖の御岳湖がある。西野川沿いには木曽温泉があり、ここからさらに西の寒原(さむはら)高原に鹿ノ瀬(かのせ)温泉がある。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三岳の言及

【八重岳】より

…鹿児島県屋久島の中央山岳地帯をいう。熊毛郡屋久町,上屋久町にまたがり,九州の最高峰宮之浦岳(1935m)をはじめ,永田岳(1886m),黒味岳(1831m),投石(なげし)岳(1830m),翁(おんな)岳(1826m)など高峰が集中しており,前3者を奥岳または三岳(みたけ)ともいうが,その他も含めて八重岳と称する。また〈洋上アルプス〉の異名もある。…

※「三岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三岳の関連キーワード愛子おやっとさあ宮之浦港屋久島環境文化村センター鹿児島県熊毛郡鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦こいじゃが酔ふようやくしま屋久の石楠花

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三岳の関連情報