コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田の実の祝(い) タノムノイワイ

デジタル大辞泉の解説

たのむ‐の‐いわい〔‐いはひ〕【田の実の祝(い)】

陰暦8月1日、稲の初穂を田の神氏神などに供える穂掛けの行事。また、贈り物を相互に取り交わした民間行事。田の実の節。
《「たのむ」が「頼む」に通じるところから》主君に太刀・馬・唐物などを献じ、主君からも返礼の物を賜る儀式。鎌倉中期から行われ、江戸時代には徳川家康が江戸入城を8月1日としたため、元日と並ぶ重要な式日となった。田の実の節。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

田の実の祝(い)の関連キーワード初穂

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android