コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中玄蕃(初代) たなか げんば

1件 の用語解説(田中玄蕃(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中玄蕃(初代) たなか-げんば

?-? 江戸時代前期の醤油(しょうゆ)醸造家。
下総(しもうさ)海上郡飯沼村(千葉県銚子市)の名主。摂津西宮(兵庫県)出身の酒造家真宜(さなぎ)九郎右衛門から関西の溜(たまり)醤油の製法を伝授され,元和(げんな)2年(1616)醸造を開始。江戸本船町の真宜の支店で販売,現在のヒゲタ醤油の始祖となる。石橋源右衛門と名のっていたが,承応(じょうおう)4年(1655)田中玄蕃と改名。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

田中玄蕃(初代)の関連キーワード合せ醤油濃口醤油山椒醤油醤油粕醤油諸味甘露醤油白醤油醤油差高梨兵左衛門(19代)高橋文右衛門

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone