コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中玄蕃(9代) たなか げんば

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中玄蕃(9代) たなか-げんば

1740-1811 江戸時代中期-後期の醤油(しょうゆ)醸造家。
元文5年生まれ。下総(しもうさ)成田村(千葉県)の西村家から同飯沼村の田中家養嗣子としてはいる。江戸の市場を支配していた関西の薄口醤油に対抗して関東風の濃口醤油の品質向上と増産につとめ,田中家を隆盛にみちびく。苗字帯刀をゆるされた。文化8年6月15日死去。72歳。名は通喬(みちたか)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

田中玄蕃(9代)

没年:文化8.6.15(1811.8.3)
生年:元文5(1740)
江戸中期の醤油醸造家。名は通喬。下総国成田村(千葉県旭市)の西村甚右衛門の第3子として生まれ長谷家に奉公に出るが,8代玄蕃に請われて飯沼村(銚子市)田中家の養子となる。田中家は飯沼村の名主を務め,また,元禄(1688~1704)ごろから醤油醸造業(商標ヒゲタ)を営む旧家であった。9代玄蕃の下,18世紀末から19世紀初頭にかけて,ヒゲタ醤油の造石数は600石から1300石前後へと倍増した。主たる販路は江戸で,ヒゲタ醤油は関西産の下り醤油を駆逐しつつ,文政期に達成される関東地廻り醤油による江戸市場掌握の一翼を担った。この過程で,田中家は江戸向けの有力醸造家の地位を築いたといえよう。この間,9代玄蕃は藩主から帯刀を許されている。幕末には造石高3000石,かつ「最上醤油」の称号を幕府から与えられた。<参考文献>『銚子市史』,林玲子編『醤油醸造業史の研究』

(谷本雅之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

田中玄蕃(9代)の関連キーワード田中玄蕃(初代)しょうゆ銚子醤油

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android