コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石橋源右衛門 いしばし げんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石橋源右衛門 いしばし-げんえもん

?-1652 江戸時代前期の兵法家。
備後(びんご)(広島県)福山藩士。承応(じょうおう)元年浪人戸次(へつぎ)庄左衛門らより武装蜂起の相談をうける。計画は密告で露見,戸次らは磔(はりつけ)になった(承応事件)。計画を通報しなかった罪で同年9月21日切腹。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石橋源右衛門の関連キーワード別木庄左衛門(べつきしょうざえもん)田中玄蕃(初代)

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android