コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中貞吉 たなか ていきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中貞吉 たなか-ていきち

1857-1905 明治時代の海外植民事業家。
安政4年生まれ。周防(すおう)(山口県)岩国藩士の子。明治5年吉川重吉(きっかわ-ちょうきち)にしたがいアメリカに留学。東京郵便電信学校長,台湾総督府郵便部長などをつとめたのち,海外植民事業を計画して南米各地を探検。32年の森岡商会によるペルー移民,38年の東洋汽船による南米航路開始の道をひらいた。明治38年12月9日死去。49歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

田中貞吉の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android