田中金脈問題(読み)たなかきんみゃくもんだい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中金脈問題
たなかきんみゃくもんだい

田中角栄内閣退陣の直接のきっかけとなった事件。1974年(昭和49)夏の参議院選挙敗北後、首相田中角栄の「金権政治」への批判が強まったが、同年10月発売の『文芸春秋』11月号は特集「田中角栄研究――その金脈と人脈」で、「田中ファミリー」が手がけた土地ころがしの実態を明らかにし、田中が資産形成にあたりその地位を利用して不当な利潤をあげていたことを暴露した。これをきっかけに、田中に対するジャーナリズム、野党などの批判は一段と強まった。田中は、内閣改造、フォード米大統領招聘(しょうへい)などによって切り抜けようとしたが、結局、11月26日退陣発表を余儀なくされた。辞職の弁で「金脈についてはいずれ真相を明らかにする」と言明したが、これは実行されず、疑惑自体の追及は不十分でうやむやの形に終わった。[伊藤 悟]
『富森叡児著『戦後保守党史』(1977・日本評論社) ▽立花隆著『田中角栄研究全記録』(1976・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の田中金脈問題の言及

【ジャーナリズム】より

…日々に生起する社会的な事件や問題についてその様相と本質を速くまた深く公衆に伝える作業。また,その作業をおこなう表現媒体をさしていう。歴史的には新聞や雑誌による報道・論評をつうじて果たされることが多かったので,転じて新聞・雑誌など定期刊行物を全体としてさす語として用いられることもある。ラテン語の,日々の刊行物をさす〈ディウルナdiurna〉に由来する。
[ジャーナリズムの成立と発展]
 表現思想活動としてのジャーナリズムは,印刷物,定期刊行物をつうじて政治・文化批判が展開されるなかで,その意義をあきらかにしてきた。…

※「田中金脈問題」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android