田内千鶴子(読み)たうち ちずこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田内千鶴子 たうち-ちずこ

1912-1968 昭和時代の社会事業家。
大正元年10月30日生まれ。朝鮮総督府官吏の父にしたがい,7歳のとき家族とともに木浦にわたる。孤児養育施設の木浦共生園で奉仕活動をはじめ,1938年園長の尹致浩(ユン-チホ)と結婚。朝鮮戦争の混乱で夫をうしなったのちも同園をまもる。「韓国孤児の母」としたわれ,1963年韓国文化勲章。昭和43年10月30日死去。56歳。約3万人があつまり市民葬がおこなわれた。高知県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android