コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田川憲 たがわ けん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田川憲 たがわ-けん

1906-1967 昭和時代の版画家。
明治39年11月3日生まれ。恩地孝四郎の影響で版画をこころざし,川端画学校にまなぶ。昭和8年郷里長崎にかえり,翌年「新板長崎風景」を刊行。以来,唐寺や大浦の外人居留地など長崎を主題とした木版画をのこした。日本版画家協会会員。昭和42年3月16日死去。60歳。本名は憲一。遺作版画集に「長崎東山手十二番館」「十字架鮫」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田川憲の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android