コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大浦 おおうら

6件 の用語解説(大浦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大浦
おおうら

鹿児島県南西部,南さつま市西部の旧町域。薩摩半島の南西部,野間半島基部にある。 1951年笠沙町より大浦村として分離ののち,1961年町制。 2005年加世田市,笠沙町,坊津町,金峰町の1市3町と合体して南さつま市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大浦
おおうら

長崎県南部,長崎市中心市街地の南部,長崎湾の東岸にある地区。長崎港を見おろす風景のよい傾斜地に位置し,幕末から明治にかけて外国人の居留地となった。現在も五島石 (おもに砂岩) の石畳,ヨーロッパ風の住居などに異国情緒を漂わせた長崎観光の中心地の1つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大浦の言及

【油谷湾】より

…角島北東部と半島先端の油谷島を湾口とし,南北約4km,東西約12kmで,水深20~40m。向津具半島が日本海の荒波をさえぎる天然の良湾で,沿岸には,海女の潜水漁業で有名な大浦,小型底引網の盛んな久津(くづ)や掛淵,巻網と敷網の久原(くばら),釣漁業中心の粟野,釣りとはえなわの阿川など特色ある漁村が多い。近年はカキ,アワビ,ワカメ,ハマチ,クルマエビの養殖が盛ん。…

※「大浦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大浦の関連キーワード長崎県長崎市出雲長崎県長崎市上町長崎県長崎市江戸町長崎県長崎市立山長崎県長崎市戸町長崎県長崎市中川長崎県長崎市中小島長崎県長崎市中里町長崎県長崎市中園町長崎県長崎市中町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大浦の関連情報