田村与八郎(読み)たむら よはちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田村与八郎 たむら-よはちろう

1833*-1886 明治時代の彫刻家。
天保(てんぽう)3年12月25日生まれ。富山県井波の宮大工兼彫物師の番匠屋12代。明治10年内国勧業博覧会で受賞。以後彫刻を専業とし,弟子の育成にもつとめる。近代井波彫刻の基礎をきずいた。代表作に富山県八尾町の曳山(ひきやま)の彫刻,日本武尊銅像(兼六公園)原型。明治19年3月15日死去。55歳。名は守貞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android