田村八二(読み)たむら はちじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田村八二 たむら-はちじ

1868-1929 明治-昭和時代前期の経営者。
慶応4年8月16日生まれ。明治25年三菱合資に入社,40年創立の旭硝子(ガラス)にうつり,のち取締役となる。鶴見臨港鉄道,日本板硝子の取締役もかねた。昭和4年8月31日死去。62歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。高等商業(現一橋大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android