コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田村村資 たむら むらすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田村村資 たむら-むらすけ

1763-1808 江戸時代中期-後期の大名。
宝暦13年1月3日生まれ。陸奥(むつ)仙台藩主伊達吉村の子村良(むらよし)の長男。伯父田村村隆(むらたか)の養子。天明2年陸奥一関(いちのせき)藩(岩手県)藩主田村家5代となる。関養軒(ようけん)を援助し藩校教成館(こうせいかん)を創設させた。水谷義閑(ぎかん)に茶をまなび,名物唐物(からもの)茶入れ「田村文琳(ぶんりん)」の所持者だったともいわれる。文化5年10月27日死去。46歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田村村資の関連キーワード田村宗顕(2)伊達斉義

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android