コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田沼善一 たぬま よしかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田沼善一 たぬま-よしかず

?-? 江戸時代後期の有職(ゆうそく)家。
文政-天保(てんぽう)(1818-44)ごろの江戸の人。国学者小山田与清(ともきよ)にまなぶ。絵もたくみで,「筆の御霊(みたま)」では,武具,衣服,調度などについて,文献資料のほか絵巻や古画からぬきだした絵によって考証している。姓は篠原とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田沼善一の関連キーワード有職

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android