篠原(読み)シノハラ

デジタル大辞泉の解説

しの‐はら【×篠原】

篠竹の生えている。ささはら。

しのはら【篠原】

石川県加賀市の地名。寿永2年(1183)平家の軍勢が源義仲に敗れた篠原合戦の地。
滋賀県野洲(やす)市の地名。壇ノ浦合戦で捕らえられた平宗盛が斬られた地。
高知県南国市の地名。特別天然記念物長尾鶏(おながどり)の飼育地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しのはら【篠原】

篠がおい茂っている原。

しのはら【篠原】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

篠原
しのはら

滋賀県中南部、野洲(やす)市の一地区。旧篠原村。大篠原と小篠原の集落がある。『延喜式(えんぎしき)』に篠原駅の名がみえ、『和名抄(わみょうしょう)』の郷名でもあった。銅鐸(どうたく)24個を出土した大岩山古墳群(国の史跡)など遺跡が多い。小篠原に歴史民俗博物館(銅鐸博物館)がある。典型的な農村であったが、近年は宅地開発が著しい。[高橋誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の篠原の言及

【南国[市]】より

…農機具工場などが立地するほか,石灰石の採掘も行われる。篠原(しのはら)は尾長鶏(特天)の原産地として知られる。物部川河口右岸にある高知空港は,旧海軍航空基地を1954年民間空港として開設したもので,83年以来ジェット機が就航している。…

※「篠原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

篠原の関連情報