コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田裳見宿禰 たもみのすくね

1件 の用語解説(田裳見宿禰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田裳見宿禰 たもみのすくね

日本書紀」にみえる豪族。
神功(じんぐう)皇后の新羅(しらぎ)(朝鮮)攻めにしたがった表筒男命(うわつつのおのみこと),中筒男命,底筒男命の住吉三神が,わが荒魂(あらみたま)を穴門(あなと)(長門(ながと))の山田邑(むら)にまつるようにいったとき,神の欲する地にさだめるよう皇后に奏上した。津守連(つもりのむらじ)の祖とされる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

田裳見宿禰の関連キーワード吾瓮海人烏摩呂穴門践立飯入根伊都都比古海上五十狭茅吉備山倉見別物部胆咋依網男垂見熊鰐

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone