コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表筒男命 ウワツツノオノミコト

4件 の用語解説(表筒男命の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うわつつのお‐の‐みこと〔うはつつのを‐〕【表筒男命】

住吉大社に祭られている三神の一。→住吉神(すみのえのかみ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

表筒男命 うわつつのおのみこと

記・紀にみえる神。
黄泉(よみ)の国の汚れをあらいながそうと,伊奘諾尊(いざなぎのみこと)が筑紫(つくし)の日向で禊(みそぎ)をしたとき,海から生まれた筒男の三神の1神で,海上に出現。この三神は住吉神社にまつられ,航海の守護神として信仰されている。「古事記」では上筒之男命。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

表筒男命

日本神話に登場する航海の神。伊奘諾尊が,黄泉の国の穢れを清めるため,筑紫の日向の橘の小戸の檍原で禊をして,水上で身をすすいだときに出現した。このとき水底では底筒男命が,水中では中筒男命が現れた。『古事記』では上筒之男命と表記する。この3柱の筒男神は,住吉大神であり,住吉大社(大阪市住吉区)の3座の祭神(住吉三神)である。神功皇后新羅征討では,神託,守護,先導などに深くかかわった。生誕地が筑紫であるほか,『古事記』『日本書紀』の伝えるその活動の場も九州地方を中心とするが,この神の和魂は住吉大社に,荒魂は下関市の住吉神社に祭られたという。『延喜式』によれば,このほかにも播磨(兵庫県),筑前(福岡県),壱岐,対馬(ともに長崎県),陸奥(秋田県など)に住吉神社があり,航海の神として崇敬を受けていた。また平安朝になると和歌の神としても著名となる。

(寺田恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うわつつのおのみこと【表筒男命】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

表筒男命の関連キーワードハチ男神大蛇句句廼馳久那斗神月読尊伊奘冉尊倉稲魂命草野姫底筒男命

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone