コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穴門/穴戸 アナト

デジタル大辞泉の解説

あなと【穴門/穴戸】

関門海峡古称。また、長門国の古称。「穴(な)が(と)」と読んだという説もある。

あな‐もん【穴門/×坅門】

築地(ついじ)や石垣などを切り開いて設けた小さな門。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の穴門/穴戸の言及

【門】より

…腕木門は〈木戸門〉ともいわれ,内側に控柱を立て,本柱に腕木を通して出し桁を支え,屋根をかけたもので,現在でも住宅に用いられている。このほか,埋(うずみ)門,穴門,土門など,土塀や石垣の一部にあけられたくぐりの門があり,鉄門や銅製の鋳抜門など門の扉の材料・形式によって呼ばれているものもある。なお鳥居も〈うえふかざる門〉と呼ばれて,門の一種である。…

※「穴門/穴戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

穴門/穴戸の関連キーワード住吉神社(山口県)五十狭茅宿禰旻(日本)山口(県)田裳見宿禰筑紫香椎宮伊都都比古忌宮神社穴門践立住吉神社底筒男命仲哀天皇埋み門伊予柑築地川上

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android