コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田辺藩〈丹後国〉 たなべはん

1件 の用語解説(田辺藩〈丹後国〉の意味・用語解説を検索)

藩名・旧国名がわかる事典の解説

たなべはん【田辺藩〈丹後国〉】

江戸時代丹後(たんご)国加佐(かさ)郡田辺(現、京都府舞鶴市)に藩庁をおいた、初め外様(とざま)藩、のち譜代(ふだい)藩。藩校は明倫館(めいりんかん)。1600年(慶長(けいちょう)5)の関ヶ原の戦い後に細川忠興(ただおき)が九州へ移され、代わって信濃(しなの)国飯田城から京極高知(きょうごくたかとも)が12万3000石で田辺城に入り、丹後1国を領した。1622年(元和(げんな)8)の高知没後に所領は三分され、嫡男(ちゃくなん)高広(たかひろ)に宮津藩7万8200石、次男高三(たかみつ)に田辺藩3万5000石、養子高通(たかみち)に峰山藩1万石が分知された。田辺藩は4代高盛(たかもり)の68年(寛文(かんぶん)8)、但馬(たじま)国豊岡藩へ転封(てんぽう)(国替(くにがえ))。同年、牧野親成(ちかしげ)が摂津(せっつ)国から3万5000石で入り、以後明治維新まで牧野氏が10代続いた。初代親成は京都所司代、3代英成(ひでしげ)は寺社奉行を勤めている。1869年(明治2)の版籍奉還(はんせきほうかん)の際、紀伊(きい)国田辺藩との混同を避けるため「舞鶴藩」と改称した。71年の廃藩置県で舞鶴県となり、その後、豊岡(とよおか)県を経て76年京都府に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田辺藩〈丹後国〉の関連キーワード杉山丹後掾丹後丹後半島京丹後丹後縞丹後富士てんきてんき丹後幾島丹後守異浦丹後豊竹丹後少掾(2代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone