豊岡(読み)とよおか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊岡
とよおか

静岡県南西部,磐田市北部の旧村域。天竜川下流の東岸にある。 1955年広瀬村,野部村,敷地村の3村が合体して豊岡村が成立。 2005年磐田市,福田町,竜洋町,豊田町の4市町と合体して磐田市となった。エビイモの特産地。 1970年浜北大橋の開通で浜松市や浜北市との関係が密接となり,楽器,木材,化学,金属などの工場が進出した。

豊岡
とよおか

埼玉県南部,入間市の旧町名。 1889年豊岡町となったが,1956年周辺の村を合せて武蔵町となり,66年市制施行によって入間市となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とよおか〔とよをか〕【豊岡】

兵庫県北東部の市。中心部はもと京極氏の城下町。かつては柳行李(やなぎごうり)、今はかばん類の産地。円山川河岸に天然記念物玄武洞(げんぶどう)がある。平成17年(2005)4月、城崎(きのさき)町、竹野町、日高町出石(いずし)町、但東(たんとう)町と合併。人口8.6万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とよおか【豊岡】

兵庫県北東部、円山川の下流域にある市。近世、京極氏の城下町。かばん類の生産が盛ん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とよおか とよをか【豊岡】

[一] 兵庫県北東部の地名。円山(まるやま)川下流域の豊岡盆地の中心地。江戸時代、京極氏三万五千石の城下町として発達し、柳行李を特産。最近はかばん類の生産が盛ん。山陰海岸国立公園に属する日和(ひより)山・玄武洞などがある。昭和二五年(一九五〇)市制。
[二] 明治四年(一八七一)の廃藩置県により、豊岡藩を廃して但馬・丹後国全域と丹波国三郡に置かれた県。同九年、丹後国と丹波国天田郡は京都府に編入され、但馬国と丹波国多紀・氷上郡は兵庫県に編入。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊岡の関連情報