甲田寿彦(読み)こうだ としひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

甲田寿彦 こうだ-としひこ

1917-1987 昭和時代後期の市民運動家。
大正6年12月14日生まれ。静岡県内の教員をへて,昭和32年月刊「社会教育」編集長。43年より富士市公害対策市民協議会初代会長として田子の浦のヘドロ公害反対運動にとりくむ。個人誌「蛙声通信」を刊行。昭和62年11月7日死去。69歳。静岡県出身。静岡師範卒。著作に「わが存在の底点から」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android