コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲賀流 こうがりゅう

2件 の用語解説(甲賀流の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

こうがりゅう【甲賀流】

忍術の一派。伊賀流と並び称されたが、流祖・伝系については確説がない。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲賀流
こうがりゅう

近江(おうみ)国(滋賀県)甲賀地方の郷士の間に起こった忍びの術。技術内容は伊賀流とほぼ同じで、特定の家元や宗家は認められず、藤林保義(やすよし)の『萬川集海(まんせんしゅうかい)』などを共通の基本伝書としている。甲賀と伊賀とは鈴鹿(すずか)山系に連なる山間地帯で、古来杣(そま)を主業とする者や、採薬(売薬)、採石(石工(いしく))、狩猟、製炭などを副業とする者が少なくなかった。この生産や生活の技術が忍びの術に連なったと考えられる。
 戦国時代、甲賀郡には五十三家とよばれる地侍(じざむらい)が蟠踞(ばんきょ)し、守護六角佐々木氏の支配下に、郡中惣(ぐんちゅうそう)や同名惣(どうみょうそう)をつくって団結を強めていた。1487年(長享1)の長享(ちょうきょう)の乱に六角高頼(たかより)に味方し、寡兵よく将軍家の軍を奇襲攻撃で悩ませた。その後、諸大名からその技能を買われて各地で活躍したが、とくに徳川氏との結び付きは親密だった。1638年(寛永15)正月、島原の陣で原城の攻略戦に、甲賀在住の望月兵大夫(もちづきへいだゆう)ら10人が偵察行動に奮闘したのが、いわば甲賀忍者の最後の活躍であった。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の甲賀流の言及

【忍術】より

…そのほか速歩の術,結印と呪文などその技法は多岐にわたる。流派は伊賀流,甲賀流をはじめ武田流,戸隠流,紀州流,楠流など各地に多数あり,その呼称も,忍(しのび),かまり,すっぱ,間諜,乱波(らつぱ),隠密など,地域や流派によりさまざまであった。【中林 信二】。…

※「甲賀流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甲賀流の関連情報