コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

申潤福 しんじゅんふくSin Yun‐bok

世界大百科事典 第2版の解説

しんじゅんふく【申潤福 Sin Yun‐bok】

朝鮮,李朝時代の画家。生没年不詳。高霊の人。字は笠父,蕙園と号する。図画署の画員で,19世紀初期に金弘道とともに風俗画家として活躍。市井の風俗を風刺的な目でとらえ,遊興の艶冶(えんや)な世界を大胆に描いた。とくに妓生キーセン)を対象とした作品にすぐれたものが多いが,その豊麗な色彩による生き生きとした人物描写は李朝画壇に新たな刺激を与えた。代表作は《風俗画帖》《美人図》(ともにソウル,澗松美術館)など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

申潤福の関連キーワード朝鮮絵画風俗図帖李氏朝鮮

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android