申潤福(読み)しんじゅんふく(英語表記)Sin Yun‐bok

世界大百科事典 第2版の解説

しんじゅんふく【申潤福 Sin Yun‐bok】

朝鮮,李朝時代の画家。生没年不詳。高霊の人。字は笠父,蕙園と号する。図画署の画員で,19世紀初期に金弘道とともに風俗画家として活躍。市井の風俗を風刺的な目でとらえ,遊興の艶冶(えんや)な世界を大胆に描いた。とくに妓生キーセン)を対象とした作品にすぐれたものが多いが,その豊麗な色彩による生き生きとした人物描写は李朝画壇に新たな刺激を与えた。代表作は《風俗画帖》《美人図》(ともにソウル,澗松美術館)など。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android