コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町座 まちざ

世界大百科事典 第2版の解説

まちざ【町座】

中世都市域における定住店舗をいう。〈〉はもともと田の区画を意味するが,同時に都城条坊の区画や建物の多く集まる所も町と称される。10世紀の辞書《和名抄》では町を〈田区也〉と説明するが,一方で店家(まちや)すなわち〈坐売舎〉について〈俗に町というはこの類〉としている。商店の多く集まる地域が町と称されるようになったのである。京都では町の語がそのまま街路名となっている。修理職町の南に続く街路に沿って商業区域=町が形成されたため,これが町(尻)小路(今の新町)と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

町座の関連キーワード豊沢 新左衛門(2代目)片岡 愛之助(5代目)童謡ふるさと館布袋屋玄了尼壮士芝居角藤定憲城下町新派劇新派博労

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

町座の関連情報