コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本一平 おかもと いっぺい

8件 の用語解説(岡本一平の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

岡本一平

漫画家。北海道生。東美校卒。藤島武二に師事。大正期の新聞漫画の第一人者で、洒脱な絵と警抜な文章には特色がある。朝日新聞で活躍。妻かの子は小説家、長男太郎は前衛芸術家。著に『紙上世界漫画漫遊』『弥次喜多再興』等。昭和23年(1948)歿、63才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おかもと‐いっぺい〔をかもと‐〕【岡本一平】

[1886~1948]洋画家・漫画家。北海道の生まれ。東京朝日新聞社に入社、漫画担当となり、鋭い描写と警句で社会や政治を風刺した。現代漫画の創始者。かの子は妻。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

岡本一平【おかもといっぺい】

漫画家。函館生れ。藤島武二に師事,東京美術学校西洋画科卒業後,帝国劇場の天井画,舞台装置などに携わる。1912年東京朝日新聞社に入社して漫画を始め,鋭い描写と警句的漫文により特に政治漫画新生面を開拓。
→関連項目近藤日出造清水崑漫画横山隆一

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本一平 おかもと-いっぺい

1886-1948 大正-昭和時代の漫画家。
明治19年6月11日生まれ。妻は岡本かの子岡本太郎は長男。東京美術学校(現東京芸大)卒業後,和田英作のもとで帝国劇場の舞台美術にたずさわる。大正元年東京朝日新聞社にはいり,「漫画漫文」形式の作品で人気をえる。宮尾しげを,近藤日出造らをそだてた。昭和23年10月11日死去。63歳。北海道出身。著作に「紙上世界漫画漫遊」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おかもといっぺい【岡本一平】

1886‐1948(明治19‐昭和23)
漫画家。函館に生まれる。妻のかの子は小説家,子の太郎は画家。藤島武二に師事,1910年東京美術学校西洋画科卒業,帝国劇場の舞台美術に従事したが,12年東京朝日新聞社に入社し,漫画を描く。人間生活の機微にふれた鋭い描写と軽妙な警句(漫文)によって従来のポンチ絵的な漫画の形式を一変させ,また政治漫画にも一時期を画する。19年ころより妻かの子とともに参禅し,その作風にも仏教の影響があらわれる。22年ヨーロッパに遊び,24年《世界漫画漫遊》を出版。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おかもといっぺい【岡本一平】

1886~1948) 画家・漫画家。函館市生まれ。東京美術学校卒。かの子の夫。東京朝日新聞社に入社、漫画を担当。戯画を現代漫画にまで高めた。春陽会会員。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡本一平
おかもといっぺい

[生]1886.6.11. 函館
[没]1948.10.11. 岐阜,古井
画家,漫画家。武内桂舟,藤島武二に師事。 1910年東京美術学校西洋画選科卒業。翌年第5回文展に『トンネル横丁』が入選。 12年朝日新聞社に入り漫画を担当,毛筆を主としたユーモアに富む漫画と漫文で人気を博した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡本一平
おかもといっぺい
(1886―1948)

漫画家。北海道函館(はこだて)に生まれる。3歳のときから東京・京橋で育ち、1903年(明治36)商工中学校を卒業後、武内桂舟(けいしゅう)、徳永柳州、藤島武二(たけじ)について洋画の指導を受けた。06年東京美術学校西洋画科に入学、在校中帝展へ『トンネル横町』を出品入選した。10年美校卒業後、和田英作のもとで新築の帝国劇場の天井画、舞台背景・装置の仕事に携わり、ついで12年東京朝日新聞社に入社、漫画に筆を振るった。その洒脱(しゃだつ)で洗練された画調と、人間味に富んだユーモラスな文章は大衆の人気を集めた。また権力に抗する庶民的な感覚は、政治漫画において鋭く発揮され、それまでポンチ絵と見下されていた漫画を庶民の芸術として認めさせ、今日一般化した社会・政治風刺の漫画、戯画の先鞭(せんべん)をなす功績を残した。著書に『世界漫画漫遊』『弥次喜多(やじきた)再興』(ともに1924)『一平全集』全15巻(1929~30)などがある。小説家、歌人として有名な岡本かの子はその妻、画家岡本太郎は息子。[永井信一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の岡本一平の言及

【岡本かの子】より

…かの子は兄の影響をうけ,《明星》に新体詩や和歌を発表,《スバル》の同人にもなった。1910年に画家岡本一平と結婚したが,性格上の衝突など夫婦間の問題に悩み,ついに仏教にたどり着く。この間,《青鞜》に参加,また《かろきねたみ》(1912),《愛のなやみ》(1918)などの歌集を刊行した。…

【漫画】より

…英仏漫画家の政治風刺は,日本人に刺激を与え,《団々珍聞(まるまるちんぶん)》に本多錦吉郎,小林清親の時事漫画があらわれ,《時事新報》の北沢楽天(1876‐1955)が,1905年に漫画雑誌《東京パック》を創刊するに至って,政治風刺を主眼とする漫画の流れがあらわれた。その際に,《鳥獣戯画》をはじめ《地獄草紙》《餓鬼草紙》《病草紙》,江戸時代に入っての浮世絵,大津絵,鳥羽絵,さらに南画,禅画等における漫画的手法が掘り起こされて,大正時代に入っての岡本一平,近藤浩一路,池部鈞,前川千帆,宮尾しげをの漫画があらわれる。岡本一平が1921年に《朝日新聞》に連載した《人の一生》は漫画入り小説として日本最初の作である。…

※「岡本一平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岡本一平の関連情報