コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画家マティス ガカマティス

デジタル大辞泉の解説

がかマティス〔グワカ‐〕【画家マティス】

《原題、〈ドイツ〉Mathis der Malerヒンデミット交響曲。1934年作曲。イーゼンハイムの祭壇画を描いたマティアス=グリューネバルトを題材とした作品。並行して作曲された同名のオペラは1938年初演。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

画家マティス

ドイツの作曲家パウル・ヒンデミットの交響曲(1934)。原題《Mathis der Maler》。ヒンデミットが並行して作曲した同名のオペラ作品もある。画家マティスとは、イーゼンハイムの祭壇画の作者として知られる画家マティアス・グリューネヴァルトを指す。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

画家マティスの関連キーワードポール ヒンデミットロザリオ礼拝堂フーガ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android