画面アスペクト比(読み)ガメンアスペクトヒ

デジタル大辞泉の解説

がめん‐アスペクトひ〔グワメン‐〕【画面アスペクト比】

image aspect ratio》テレビなどの画面における長辺と短辺の比(アスペクト比)。従来のNTSC方式のテレビ放送では通常4:3であり、現行の地上デジタルテレビ放送などのHDTV(いわゆるハイビジョンフルハイビジョン)では横長の16:9を採用する。映画においては横と縦の比が1.37:1または1.33:1のものがスタンダードサイズと呼ばれ、ほかに横長画面のビスタビジョンシネマスコープパナビジョンシネラマといった方式がある。コンピューターのディスプレーは、VGASVGAXGAUXGAなどは4:3、SXGAでは5:4、一部のノートパソコンが採用するWXGAWXGA+WSXGA+WUXGAでは16:10となっている。単にアスペクト比、アスペクトレシオともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プチプラ

値段が安いことを表す日本の俗語。「プチ(小さい)プライス(価格)」の略。ほとんどの場合、女性用のファッションアイテム・化粧品・香水・雑貨などのジャンルで、「安くてかわいい」「手に入りやすい」といった意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android