画面アスペクト比(読み)ガメンアスペクトヒ

デジタル大辞泉の解説

がめん‐アスペクトひ〔グワメン‐〕【画面アスペクト比】

image aspect ratio》テレビなどの画面における長辺と短辺の比(アスペクト比)。従来のNTSC方式のテレビ放送では通常4:3であり、現行の地上デジタルテレビ放送などのHDTV(いわゆるハイビジョンフルハイビジョン)では横長の16:9を採用する。映画においては横と縦の比が1.37:1または1.33:1のものがスタンダードサイズと呼ばれ、ほかに横長画面のビスタビジョンシネマスコープパナビジョンシネラマといった方式がある。コンピューターのディスプレーは、VGASVGAXGAUXGAなどは4:3、SXGAでは5:4、一部のノートパソコンが採用するWXGAWXGA+WSXGA+WUXGAでは16:10となっている。単にアスペクト比、アスペクトレシオともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android