畑 正吉(読み)ハタ ショウキチ

20世紀日本人名事典「畑 正吉」の解説

畑 正吉
ハタ ショウキチ

明治〜昭和期の彫刻家



生年
明治15(1882)年2月12日

没年
昭和41(1966)年6月24日

出生地
富山県高岡市

学歴〔年〕
東京美術学校(現・東京芸術大学)彫刻科〔明治39年〕卒

経歴
明治40〜43年農商務省海外練習生としてヨーロッパへ留学。44年文展に初入選し、大正2年同展に「某人肖像」で褒状。大正元年東京美術学校教授に就任し、9年より1年間アメリカへ留学。11年東京高工教授となり、昭和16年退官後も長く同校の講師を務めた。この間、6年帝国美術院推薦となり、また20年まで造幣局賞勲局嘱託として多くの記念メダル彫刻を製作。日本彫刻家連盟、能美会などにも参加、戦後日本彫塑会会員として同展や日展に出品を続けた。晩年能彫刻に力を入れ、能彫会に属し、28年、30年に能彫の個展を開催した。東京美校教授時代の門下に寺畑助之本郷新などがいる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android