コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本郷新 ほんごうしん

5件 の用語解説(本郷新の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本郷新
ほんごうしん

[生]1905.12.9. 札幌
[没]1980.2.13. 東京
彫刻家。 1928年東京高等工芸学校卒業。高村光太郎に師事し,以後国展に出品。 29年頃から仏像研究を始め,一方,ロダンブールデルマイヨールらの西欧の巨匠の作品に強く刺激される。 34年国画会会員となったが 39年退会し,舟越保武らと新制作協会彫刻部を設立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほんごう‐しん〔ホンガウ‐〕【本郷新】

[1905~1980]彫刻家。北海道の生まれ。高村光太郎に師事。新制作派協会彫刻部創設に参加。代表作に戦没学生記念像「わだつみのこえ」「氷雪の門」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本郷新 ほんごう-しん

1905-1980 昭和時代の彫刻家。
明治38年12月9日生まれ。高村光太郎に師事。国画会をへて,昭和14年新制作派協会彫刻部創設に参画。おおくのモニュメントを制作し,戦没学生記念像「わだつみのこえ」で28年日本平和文化賞受賞。昭和55年2月13日死去。74歳。北海道出身。東京高等工芸(現千葉大)卒。作品はほかに「氷雪の門」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ほんごうしん【本郷新】

1905~1980) 彫刻家。北海道生まれ。高村光太郎に師事。新制作派協会彫刻部創設に参加。戦没学生記念像「わだつみのこえ」などを制作。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本郷新
ほんごうしん
(1905―1980)

彫刻家。北海道札幌生まれ。1928年(昭和3)東京高等工芸学校彫刻部を卒業、国画創作協会に新設された彫刻部に出品、34年会員となった。39年、佐藤忠良(ちゅうりょう)、舟越保武(やすたけ)らと新制作派協会彫刻部を創立し会員となった。戦没学生記念像『わだつみのこえ』などモニュメンタルな造形を志向し、木彫も手がけた。パリ、アントワープなどの国際彫刻展にも出品し、日本国際美術展優秀賞、日本平和文化賞などを受賞した。作品の多くは札幌彫刻美術館に収蔵されている。[三木多聞]
『本郷新著『彫刻の美』(1980・中央公論美術出版) ▽匠秀夫監修『本郷新彫刻集』(1981・求龍堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本郷新の関連キーワード木内克武井直也彫刻家川崎普照川村吾蔵北村正信瀬戸剛滝川毘堂中島快彦林是

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本郷新の関連情報