コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賞勲局 ショウクンキョク

3件 の用語解説(賞勲局の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうくん‐きょく〔シヤウクン‐〕【賞勲局】

勲位・勲章・褒章など、栄典に関する事項をつかさどる官庁。明治9年(1876)設置。第二次大戦後、総理府賞勲部に改組、昭和39年(1964)総理府賞勲局となり、平成13年(2001)以降は内閣府賞勲局。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうくんきょく【賞勲局】

内閣府の一部局。勲位・勲章などの栄典に関する事項を扱う。1876年(明治9)正院に設置。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勲章・褒章がわかる事典の解説

しょうくんきょく【賞勲局】

内閣府の内部部局の一つ。栄典制度の調査、研究、企画業務のほか、勲章褒章授与の審査など栄典事務を担当している。1876年(明治9)10月に賞勲事務局が太政官正院に設置され、同年12月賞勲局と改称。1885年に内閣制度が導入されると、翌1886年内閣に所属した。1929年(昭和4)には、賞勲局総裁が私設秘書とはかり、前年の叙勲に際して叙勲を望む実業家などから多額の賄賂(わいろ)を受け取った「売勲(ばいくん)事件」が発覚、世論の激しい批判を浴びた。第二次世界大戦後の1949年に総理府が設置されるとその賞勲部に改組され、1964年の生存者叙勲の再開に伴って総理府賞勲局に昇格した。その後、2001年(平成13)の中央省庁再編により、内閣府の管轄となった。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賞勲局の関連キーワード栄典制度中央省庁財務省内閣府栄典大権財務局大勲位統計局内閣府令内閣府参与

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

賞勲局の関連情報