コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

留(め)湯 トメユ

デジタル大辞泉の解説

とめ‐ゆ【留(め)湯】

前日の湯を捨てないで、翌日、再びわかして入浴すること。また、その湯。
江戸時代の銭湯で、客が入浴代を月ぎめで支払って随時入浴すること。
留め風呂」に同じ。
「今日は長田殿より―にて」〈浄・鎌田兵衛〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android