留湯(読み)とめゆ

精選版 日本国語大辞典「留湯」の解説

とめ‐ゆ【留湯】

〘名〙
① 前日使用した風呂のを流さないでおいて、翌日、また使用すること。また、その湯。
※米沢本沙石集(1283)九「近代も湯屋にとめ湯して、女房入れまゐらせんとて」
③ 江戸時代、湯銭を月ぎめにして、まとめて支払い、随時入浴すること。また、その銭湯。⇔現金湯
※談義本・湯新話(1754)三「けふは留湯(トメユ)も現金に銭出しながら、(ちと)気を付てやらねば、男共が嬉しがらぬ」
④ その日、最後の風呂に入ること。しまいゆ。しまいぶろ。
滑稽本浮世風呂(1809‐13)三「ここらで留湯(トメユ)と固辞すれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「留湯」の解説

とめ‐ゆ【留(め)湯】

前日の湯を捨てないで、翌日、再びわかして入浴すること。また、その湯。
江戸時代の銭湯で、客が入浴代を月ぎめで支払って随時入浴すること。
留め風呂」に同じ。
「今日は長田殿より―にて」〈・鎌田兵衛〉
[類語]沸かし湯上がり湯陸湯おかゆ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android