略訓(読み)りゃっくん

精選版 日本国語大辞典「略訓」の解説

りゃっ‐くん リャク‥【略訓】

〘名〙 「万葉集」など上代の文献に見られる、漢字音的に用いる方法の一つ。固定した訓読みの一部を省略して同音の別語またはその一部にあてて用いるもの。「足(あし)」を「あ」に、「市(いち)」を「い」にあてる。〔万葉用字格(1817)〕

りゃく‐くん【略訓】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「略訓」の解説

りゃっ‐くん〔リヤク‐〕【略訓】

万葉仮名用字法の一。漢字を、の一部を省略して表音的に用いるもの。「足」を「あ」、「市」を「い」として用いる類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android