コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

略訓 リャックン

デジタル大辞泉の解説

りゃっ‐くん〔リヤク‐〕【略訓】

万葉仮名用字法の一。漢字を、訓の一部を省略して表音的に用いるもの。「足」を「あ」、「市」を「い」として用いる類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りゃっくん【略訓】

万葉集における万葉仮名の用字法の一。漢字の訓を一部省略して表音的に用いるもの。「足」を「あ」、「常」を「と」として用いる類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

略訓の関連キーワード五指のこもごも弾くは捲手の挃一に若かず五指のこもごも弾くは捲手の一挃に若かず万人心を異にすれば則ち一人の用無し飛鳥の摯つや其の首を俛す立て遣す・奉遣す播る・延る・被る国の宰・国司徒歩軍・歩兵誂ふ・聘ふ決河の勢い木工・木匠犍吉支・王弓弦打ち神出鬼没御食つ物関らふいさつ常つ国篤しる万葉集

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android