コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

番場の忠太郎 ばんばの ちゅうたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

番場の忠太郎 ばんばの-ちゅうたろう

長谷川伸(しん)の戯曲「瞼(まぶた)の母」の主人公。
近江(おうみ)(滋賀県)番場生まれのやくざ。5歳のとき生きわかれた母をさがしに旅にでる。江戸柳橋の料理屋水熊の女将(おかみ)おはまが母とわかるが,おはまは名のらず,忠太郎は母への思いを胸にふたたび旅だつ。昭和6年の初演以来,舞台,映画,テレビなどで数おおく上演。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

番場の忠太郎

日本のポピュラー音楽。歌は男性演歌歌手、氷川きよし。2004年発売。作詞:松井由利夫、作曲:水森英夫。第37回日本有線大賞受賞。第19回日本ゴールドディスク大賞ソング・オブ・ザ・イヤー(演歌・歌謡曲部門)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

番場の忠太郎の関連キーワード若山 富三郎長谷川伸瞼の母蓮華寺

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

番場の忠太郎の関連情報