番場(読み)ばんば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

番場
ばんば

滋賀県北東部,米原市南西部の地区。古来関所があったことからこの名があるといわれる。かつて中山道宿場町で,六波羅探題北条仲時ら 400人あまりの自刃の地として知られる。名神高速道路と北陸自動車道の交点米原ジャンクションがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

番場
ばんば

滋賀県北東部、米原市(まいばら)の一地区。古くは馬場とも書いたという。鎌倉期にすでに番場の名がみえ、元弘(げんこう)の変(1331)で北条仲時ら400人余りが自害した地として知られ、蓮華(れんげ)寺に墓が残されている。近世中山道(なかせんどう)の宿駅として栄え、天保(てんぽう)年間(1830~1844)には人口808、家数178、旅籠(はたご)屋10を数えた。戦国時代の城跡である鎌刃城跡が2005年(平成17)に国の史跡に指定された。

[高橋誠一]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ばんば【番場】

滋賀県米原市の地名。江戸時代、中山道のさめがいと鳥居本の間にあった宿駅。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android