コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異数性 いすうせいheteroploidy; aneuploidy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

異数性
いすうせい
heteroploidy; aneuploidy

各生物は特有の染色体x をもち,体細胞ではこの基本数が2倍化 ( 2x ) していて,同じ番号の染色体が2本ずつあるのが正常である。この取合せが異常となって特定番号の染色体数が1とか3などになった状態を,異数性という。異数性は,その影響が大きければ当然致死的となるが,致死的でない場合にも何かの病的状態を生じることが少くない。たとえば人間で,先天的障害であるダウン症は,特定染色体の三重化 trisomyによる。しかし一般の動植物では,異数化が種の進化の過程で意味をもったことも多いと考えられる。異数化の生じる原因は,親の配偶子形成の際に染色体の不規則な分配が行われて,(x+1),(x-1) などの配偶子が生じたためである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いすう‐せい【異数性】

生物の種によって決まっている染色体数が、整数倍より1または数個増減している現象。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

異数性の関連キーワード遺伝子突然変異タバコ(煙草)トリソミー染色体異常細胞遺伝学配偶子形成桑田義備突然変異遺伝毒性異数体倍数性取合せ育種

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android