配偶子形成(読み)はいぐうしけいせい(英語表記)gametogenesis

翻訳|gametogenesis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

配偶子形成
はいぐうしけいせい
gametogenesis

精子や卵などの生殖細胞 (配偶子) がつくられる過程。動物細胞では一般に,配偶子をつくる細胞は発生段階の初期に他の細胞から分かれ,精巣や卵巣等の生殖器官内で減数分裂を行なう。ヒトなどの動物では,精子をつくる細胞は動物の寿命近くまで分裂を続けるが,卵をつくる細胞は,動物の一生のごく早い時期に分裂を完了し,その後卵そのものの数は増えない。卵が形成されるときは,その周りにたくさんの細胞が取り巻き,卵に蓄える栄養や受精後胚発生を行なうときに,必要な情報となる物質を供給する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android