コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上官儀 じょうかんぎShang-guan Yi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上官儀
じょうかんぎ
Shang-guan Yi

[生]大業4(608)
[没]麟徳1(664)
中国,初唐の政治家,詩人。陝州 (河南省) の人。字,遊韶 (ゆうしょう) 。太宗の貞観1 (627) 年進士に及第,弘文館直学士,秘書少監となる。太宗の作詩の相談役となり,六朝の華麗さを受継ぎ繊細な技巧を駆使した詩風は「上官体」と呼ばれ大いに流行した。また,対句の法を定めて律詩の成立に寄与。高宗のとき西台侍郎となったが,則天武后の専横を押えようとした高宗を助け,武后の廃位をはかって失敗し,投獄されて死んだ。詩文集 30巻は日本にも伝わったといわれるが,現存は詩 20首だけである。孫に女流詩人上官昭容がいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の上官儀の言及

【宮廷文学】より

… 以後6世紀末に至る六朝の文学は,宮廷を主要な場として展開することが多かったが,なかでも6世紀前半の梁では,皇太子蕭綱(しようこう)を中心とする宮廷文人たちの極度に技巧をこらした華美な詩が宮体詩と称されて,一世を風靡した。唐に入っても,初期の太宗のころには文学の中心はなお宮廷にあり,上官儀(608ころ‐664)などの詩人が活躍したが,彼らの文学はしょせん六朝の余習を出なかった。8世紀半ばの安史の乱以後は,宮廷文学の基盤となった貴族制社会の崩壊によって,文学はしだいに宮廷から離れていった。…

※「上官儀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上官儀の関連キーワード則天武后河南省及第作詩廃位貞観対句初唐太宗詩風律詩高宗六朝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android