コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オロ

デジタル大辞泉の解説

おろ【疎】

[接頭]動詞・形容詞などに付いて、少し、わずかに、ぼんやり、などの意を表す。「おぼえ」「ねぶる」「よし」

そ【疎】

[名・形動]
間がすいていること。まばらなこと。また、そのさま。「人口密度がな地域」「天網恢々(かいかい)にして漏らさず」⇔
関係が薄いこと。うといこと。また、そのさま。「級友との仲がになる」⇔親(しん)

そ【疎】[漢字項目]

常用漢字] [音](漢) [訓]うとい うとむ まばら おろそか
一つ一つ離れている。まばら。「疎開疎密疎林過疎空疎
人と人との関係にすきまがある。親しくしない。うとい。「疎遠疎外疎隔親疎
おろそか。大ざっぱ。粗末。「疎食(そし)疎放疎略疎漏
間をあけて通す。「疎水疎通

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おろ【疎】

( 接頭 )
〔「おろそか」 「おろか」などの「おろ」と同源〕
動詞・形容詞などに付いて、十分でないさまを表す。不完全、わずか、などの意。 「 -覚え」 「 -癒ゆ」 「 -よし」

そ【疎】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
物と物との間がすいていること。まばらなこと。また、そのさま。 ↔
関係がうといこと。親しくないこと。また、そのさま。 ↔ 「両国の関係が-になる」 「何ぞ余を接遇するの-なるや/花柳春話 純一郎
大ざっぱでいいかげんな・こと(さま)。 「 -なる所々御免成され下さるべく候/芭蕉書簡」
律令制で、弾正台の主典さかん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

疎の関連キーワード栃木県那須塩原市西岩崎店明かり・店明り疎ら垂木・疎ら棰琵琶湖疎(疏)水敬して遠ざける繁垂木・繁棰聞こえ交はす小事は大事光学的疎密招募・召募春屋妙葩高森正因塩井雨江人口密度大法大闡普済国師天竜寺船臨川寺版などてか夢窓国師

疎の関連情報