コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 オロ

5件 の用語解説(疎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おろ【疎】

[接頭]動詞・形容詞などに付いて、少し、わずかに、ぼんやり、などの意を表す。「おぼえ」「ねぶる」「よし」

そ【疎】

[名・形動]
間がすいていること。まばらなこと。また、そのさま。「人口密度がな地域」「天網恢々(かいかい)にして漏らさず」⇔
関係が薄いこと。うといこと。また、そのさま。「級友との仲がになる」⇔親(しん)

そ【疎】[漢字項目]

常用漢字] [音](漢) [訓]うとい うとむ まばら おろそか
一つ一つ離れている。まばら。「疎開疎密疎林過疎空疎
人と人との関係にすきまがある。親しくしない。うとい。「疎遠疎外疎隔親疎
おろそか。大ざっぱ。粗末。「疎食(そし)疎放疎略疎漏
間をあけて通す。「疎水疎通

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おろ【疎】

( 接頭 )
〔「おろそか」 「おろか」などの「おろ」と同源〕
動詞・形容詞などに付いて、十分でないさまを表す。不完全、わずか、などの意。 「 -覚え」 「 -癒ゆ」 「 -よし」

そ【疎】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
物と物との間がすいていること。まばらなこと。また、そのさま。 ↔
関係がうといこと。親しくないこと。また、そのさま。 ↔ 「両国の関係が-になる」 「何ぞ余を接遇するの-なるや/花柳春話 純一郎
大ざっぱでいいかげんな・こと(さま)。 「 -なる所々御免成され下さるべく候/芭蕉書簡」
律令制で、弾正台の主典さかん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

疎の関連キーワード

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

疎の関連情報