疱疹(読み)ホウシン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

疱疹
ほうしん

皮膚に小水疱(すいほう)が群がって生じた状態をさす病名で、ヘルペスherpesともいう。代表的なものは単純性疱疹と帯状(たいじょう)疱疹で、いずれもウイルス感染によっておこる。なお、特殊なものとして自己免疫疾患と考えられる妊娠性疱疹や月経性疱疹があり、いずれも疱疹の型をとる。[野波英一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の疱疹の言及

【ヘルペス】より

…ヘルペスウイルスによる感染症で,疱疹とも呼ばれる。単純ヘルペスherpes simplexと水痘および帯状疱疹とに大別されるが,ここでは単純ヘルペスについて述べる。…

※「疱疹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android