コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

療養病床再編 りょうようびょうしょうさいへん

1件 の用語解説(療養病床再編の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

療養病床再編

病状が安定している高齢者が長期入院している療養病床は、医療の必要性の高い患者を受け入れるものに限定し、医療の必要性が低い患者は、病院ではなく老人保健施設やケアハウス、有料老人ホームなどで受け入れるようにしようという再編成案のこと。2006年6月に成立した医療制度改革に盛り込まれた。療養病床には医療保険から費用が賄われる医療型(25万床)と、介護保険から支払われる介護型(13万床)がある。再編計画では、38万床を12年度までに15万床に削減し、入院治療が必要な人に絞って医療型に一本化する。この計画に合わせ、06年の診療報酬改定では、慢性期の患者の入院料が医療の必要に応じて3つに区分され、病状が軽い人の入院料は大幅に引き下げられた。厚生労働省は、社会的入院を減らし、平均在院日数を短縮させれば、医療費の抑制につながるとしている。

(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone