コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癌の転移 がんのてんいmetastasis

翻訳|metastasis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

癌の転移
がんのてんい
metastasis

癌細胞または癌組織が,最初に発生した場所から他の場所に移動して増殖することを転移といい,癌の治療にとって最も恐れられている。原発巣癌細胞血流リンパ管を伝わって周囲の臓器や遠く離れた臓器に飛び火し,そこに癌病巣をつくる。遠くに転移する場合,転移しやすい臓器,しにくい臓器もあり,肝臓は胃,膵臓,大腸など腹部の癌から転移を受けやすく,前立腺癌は骨に転移しやすい。また肺癌は最も転移しやすい癌で,脳,腎臓,副腎などに転移する。転移の仕組みはまだよくわかっていないが,血流に乗った癌細胞がどのように血管内皮細胞に穴を開け,ほかの臓器にもぐり込むのかなどの研究が進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

癌の転移の関連キーワード甲状腺シンチグラフィー細胞接着分子癌性胸膜炎リンパ撮影エイジング骨転移癌骨シンチ乳び胸糖脂質骨腫瘍

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

癌の転移の関連情報