コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癌の転移 がんのてんいmetastasis

翻訳|metastasis

1件 の用語解説(癌の転移の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

癌の転移
がんのてんい
metastasis

癌細胞または癌組織が,最初に発生した場所から他の場所に移動して増殖することを転移といい,癌の治療にとって最も恐れられている。原発巣の癌細胞が血流やリンパ管を伝わって周囲の臓器や遠く離れた臓器に飛び火し,そこに癌病巣をつくる。遠くに転移する場合,転移しやすい臓器,しにくい臓器もあり,肝臓は胃,膵臓,大腸など腹部の癌から転移を受けやすく,前立腺癌は骨に転移しやすい。また肺癌は最も転移しやすい癌で,脳,腎臓,副腎などに転移する。転移の仕組みはまだよくわかっていないが,血流に乗った癌細胞がどのように血管内皮細胞に穴を開け,ほかの臓器にもぐり込むのかなどの研究が進められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone