コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発光材料 はっこうざいりょうluminescence materials

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発光材料
はっこうざいりょう
luminescence materials

各種ディスプレイや光信号発生素子の材料をいう。光を発生する半導体発光素子には,発光ダイオードレーザーダイオード,エレクトロルミネセンス素子などがある。電極から注入された電子と正孔が再結合して,光エネルギーを放出することで発光する。再結合するときのエネルギーの大きさによって光の波長が決まる。発光ダイオードとしてはガリウムリンが多く使われている。アルミニウムガリウムヒ素はその組成を変えることによって,赤外線から赤色までの光を発生できる。最近では,炭化ケイ素やセレン化亜鉛で青色を発光させることもできる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

発光材料の関連キーワード有機エレクトロルミネセンス用色素有機ELディスプレー有機EL素子閃光電球

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発光材料の関連情報