コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発光材料 はっこうざいりょうluminescence materials

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発光材料
はっこうざいりょう
luminescence materials

各種ディスプレイや光信号発生素子の材料をいう。光を発生する半導体発光素子には,発光ダイオードレーザーダイオード,エレクトロルミネセンス素子などがある。電極から注入された電子と正孔が再結合して,光エネルギーを放出することで発光する。再結合するときのエネルギーの大きさによって光の波長が決まる。発光ダイオードとしてはガリウムリンが多く使われている。アルミニウムガリウムヒ素はその組成を変えることによって,赤外線から赤色までの光を発生できる。最近では,炭化ケイ素やセレン化亜鉛で青色を発光させることもできる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

発光材料の関連キーワード有機エレクトロルミネセンス用色素有機ELディスプレー有機EL素子閃光電球

発光材料の関連情報