コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白久温泉 しろくおんせん

1件 の用語解説(白久温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白久温泉
しろくおんせん

埼玉県西部,秩父市中部にある温泉。荒川の支流である谷津川沿いに昭和初期より開かれた。泉質はアルカリ単純温泉。泉温は 10℃。リウマチや神経痛のほか胃腸病などにも効果があるといわれる。秩父霊場第 30番札所で楊貴妃ゆかりの本尊をまつる法雲寺や熊倉高原などにも近く,三峰神社 (→三峰山 ) の門前宿として発展してきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白久温泉の関連キーワード荒川〈村〉埼玉県秩父市荒川小野原埼玉県秩父市荒川上田野埼玉県秩父市荒川久那埼玉県秩父市荒川白久埼玉県秩父市荒川贄川埼玉県秩父市荒川日野埼玉県秩父市中津川埼玉県秩父市中町埼玉県秩父市中村町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone