白坂依志夫(読み)しらさか よしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白坂依志夫 しらさか-よしお

1932-2015 昭和後期-平成時代の脚本家。
昭和7年9月1日生まれ。脚本家・八住利雄の子。昭和30年大映多摩川撮影所に入社。増村保造監督とくんだ「暖流」「氾濫」などが軽快なテンポの文芸作品として評価をえた。ほかに「野獣死すべし」「大地の子守歌」など。平成27年1月2日死去。82歳。東京出身。早大中退。本名は八住利義。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android