コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白坂依志夫 しらさか よしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白坂依志夫 しらさか-よしお

1932-2015 昭和後期-平成時代の脚本家。
昭和7年9月1日生まれ。脚本家・八住利雄の子。昭和30年大映多摩川撮影所に入社。増村保造監督とくんだ「暖流」「氾濫」などが軽快なテンポの文芸作品として評価をえた。ほかに「野獣死すべし」「大地の子守歌」など。平成27年1月2日死去。82歳。東京出身。早大中退。本名は八住利義。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

白坂依志夫の関連キーワード山の讃歌 燃ゆる若者たちモンローのような女東京オリンピック結婚のすべて曽根崎心中完全な遊戯大根と人参黄金の犬脚本家子守歌

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android